TOPセコムについてセコムのシステム

ここまでわかる!!セコムのシステムについて

      


それぞれ4つのメインシステムについて詳しく紹介していきます。

また、警備システムの内容や、オプションシステム機能のなどの説明も行わせていただきます。


セコムの各システムタイプについて

セコムのメインシステムには「スマート」「カスタム」「グランデ」「G-カスタム」の4つのメインシステムがあり、使用者の用途や希望によってお好みのシステムを選ぶことができます。


スマートタイプとカスタムタイプのシステムの違いは、セキュリティ警備の分割数がスマートは3分割(1、玄関、2、リビング、3、寝室)、カスタムは5分割(1、玄関 2、リビングダイニング 3、1F和室 4、トイレ・風呂・洗面 5、2F)の違いがあり、スマートだけは下に挙げている「インターネットサービス」を利用することができません。


グランデタイプになると2世帯や店舗兼住宅向けに作られており最大分割は30か所まで広げる事が可能です。


グランデタイプとスマート・カスタムタイプとの大きなシステムの違いは、外見です。

グランデタイプにはタッチパネル式のカラー液晶モニター搭載で、見た目もきれいでなおかつ操作も簡単に行うことが出来ます。

液晶の大きさも7インチと12インチから選ぶことが出来て取り付け個所に合わせる事が可能です。

基本的な防犯機能はどのシステムでも十分に対応できますので金額面や部屋数の構成などでどのシステムにするのか決める事になります。


さらに新しく登場した新セキュリティシステムの「G-カスタム」ではタッチパネルを搭載して、より使いやすくさらにデザイン性にも優れたシステムになっています。

しかも性能もアップしているのでこれからホームセキュリティの導入を考えている人はシステムや価格面からもこの「G-カスタム」をお勧めします

詳しくはG-カスタムについてを参照してください。


より詳しいシステムの内容はセコム・ホームセキュリティ資料請求をしていただくと詳しく紹介が乗っているパンフレットやDVDを無料で請求できます。

内容も豊富でわかりやすいので特にDVDはオススメです!!



警備システムの紹介

セキュリティで一番重要になって来るのがこの警備システムです。

セコムの基本的な警備システム方法はセンサーが反応したら警備員が駆け付ける有名な駆けつけシステムです。

全国で2830か所の拠点から万一のときは、最も近くにいる緊急対処員が駆けつけてくれるシステムです。


その中でもセコムのこだわりとしてあげられる警備システムの点が「在宅時の防犯」です。

在宅時は必要な個所のみを警備モードにすることが出来る、在宅セコムモードを搭載しております。


このシステムモードは寝るときのモードとしての利用が一般的で、1Fのみを警備モードにして2Fは解除の状態にすることができるシステムです。



またこれは使えるなっと思ったシステムとして「インターネットサービス」が挙げられます。


このサービスは外出先からのセンサーの警備や解除、今の状態の確認警備が解除された時、警備が掛かったときにメールで知らせてくれるシステムです。


この機能を浮かく活用すれば子供が学校から帰ってきたときなどにセキュリティシステムを解除を行った時にメールが自動的に来るのでちゃんと帰ってきたのかの確認を行うことができます。



また家電や電気錠の状態を確認できます。(エアコンなどの電化製品のオン、オフの操作が遠隔にて出来るサービスです)以上の操作がこの「インターネットサービス」で可能になります。


キムタクが行っているセコムのCMでもこのサービスを宣伝しておりセコムでもオススメの新サービスになり、使い勝手はかなり良さそうです。



その他のシステムでは、警備モードや在宅モード、オプション機能など様々な機能が用意されており自分に合ったオリジナルのホームセキュリティを組むことが出来ます。


その際は自分の希望などをセコムの担当者に相談して、決める事をお勧めします。


セコムの資料請求はこちらから

 信頼のセコム・ホームセキュリティ資料請求へ


セコムについて紹介一覧

 セコムについて知る

  セコムの料金

  セコムのシステム

  センサーについて

  セコムの防犯カメラ

  赤外線センサーについて

  セコムの見積書を大公開

  セコムのG-カスタムについて

ホームセキュリティはこの2社を抑えれば大丈夫?!


セコムについての明細ページへ

信頼のセコム・ホームセキュリティの資料請求はこちらから



アルソックの明細ページへ

アルソックの資料請求ページへ