TOPセコムについてセンサーガラスセンサー

セコムのガラスセンサーを知る

セコムのガラスセンサーはガラスが割られる時の振動に反応して警報を上げるセンサーです。


ガラスを割るときにはいろいろな種類があり、棒でガラスを叩いてガラスを割る方法や、ガラスカッターと呼ばれるガラスにヒビを入れて音を立てないで割る方法、熱の力を利用してガラスを割る焼き破りなどです。


振動の感度調節が行えるガラスセンサーもあります。



そんなガラスセンサーには2つのタイプがあり1つはガラスに直接張ってガラスが割られた振動を検視するタイプと部屋の天井や壁に貼ってガラスが割れる超音波に反応するタイプです。



直接ガラスに貼るタイプでは主に、はめ込み式のガラス窓に設置します。


超音波での感知するタイプはリビングなどの周りに窓やガラスが多くある部屋に使用されることが多いです。



設置方法はやはり無線タイプのガラスセンサーや無線型侵入送信機での無線形式で設置することが一般的になっていますので見た目もそれほど悪くなることはありません。



セコムでは防犯ガラスとガラスセンサーがセットになったSECOMあんしんガラスを用意しており防犯のレベルでは最高級のレベルの防犯センサーといえます。

防犯ガラスはガラスを割るまでにかなりの時間がかかるのでその間にガラスセンサーが異常を感知して通報するという仕組みです。

すべての窓ガラスをこのタイプに変更すればかなりの防犯効果になると思いますが、価格もかなり高くなります。



セコムのHP上では一般的な「戸建4LDK、ガラス枚数20枚、1枚平均0.70m2を想定した場合」で80万円から100万円という見積り例が出ています。



興味のある方はセコムに直接見積り依頼お願いすると詳しい価格がわかります。


セコムのセンサー一覧

マグネットセンサー

空間センサー

防水型侵入送信機

ガラスセンサー

ジャロジーセンサー

熱・煙感知センサー

増設スピーカー

マイドクター

非常ボタン

セット解除ボックス

防犯カメラ

野外用赤外線センサー



上記以外のセンサーについてや、より詳しい説明はパンフレットを請求していただくとセンサーの紹介パンフレットが届きます。


こちらを参考にしていただきますとよりわかりやすく知ることができますのでご希望の方はこちらより資料請求どうぞ。



セコムの資料請求はこちらから

 信頼のセコム・ホームセキュリティ資料請求へ


ホームセキュリティはこの2社を抑えれば大丈夫?!


セコムについての明細ページへ

信頼のセコム・ホームセキュリティの資料請求はこちらから



アルソックの明細ページへ

アルソックの資料請求ページへ