TOPセコムについてセンサー増設スピーカー

セコムの増設スピーカーを知る

セコムの増設スピーカーはセコムのホームセキュリティ本体と寝室やリビングなどが離れているときに、本体で警報が鳴った音を中継してくれる増設のスピーカーです。


防犯で最も怖い事は、在宅中の侵入です。


在宅時では2階のベランダで洗濯物を干しているときに1階から泥棒が侵入されるということですが、危険な点は1階に下りて行ってしまい泥棒と鉢合わせになってしまうことです。


そんな危険を回避するために増設スピーカーの設置をお勧めしています。


本体からの音は決して大きな音とは言えず聞き漏らしてしまう恐れがあるため、本体が1Fに設置してある場合は、増設スピーカーを2Fに設置し、本体が2Fの場合は、増設スピーカーを1Fに設置すると、どの部屋にいても警報音が聞こえるので増設スピーカーを設置することによって在宅時の侵入をどの部屋にいても聞き逃すということがなくなり鉢合わせになる確率を低くすることが出来ます。


注意点としては在宅時にセンサーが反応してスピーカーから警報音が流れたとしても「確認をしに行かない」ということを徹底してください。


確認をしに行ってしまったら結局鉢合わせになってしまいます。


そんな時は遠くから様子を確認したうえ、警察に通報するなどの安全策を取るようにしてください。



またセコムの本体とカメラを設置している家庭では本体からカメラの画像の確認をすることが出来るなどの機能を付けることが出来るので、本体が近くにある場合は本体でカメラ画像の確認を行い状況をしっかりと確認します。


私は本体が2階に設置しているため、2階にいるときは警報音を聞き逃す頃がないのですが、1階の部屋にいるときに2階の本体から流れる警報音を聞き逃すことがあるので、1階に増設スピーカーを設置しています。


基本的にセコムで見積もりを取る際は、本体の設置場所によって増設スピーカーを設置することを勧められますので、設置を検討したほうがいいと思います。



セコムのセンサー一覧

マグネットセンサー

空間センサー

防水型侵入送信機

ガラスセンサー

ジャロジーセンサー

熱・煙感知センサー

増設スピーカー

マイドクター

非常ボタン

セット解除ボックス

防犯カメラ

野外用赤外線センサー



上記以外のセンサーについてや、より詳しい説明はパンフレットを請求していただくとセンサーの紹介パンフレットが届きます。


こちらを参考にしていただきますとよりわかりやすく知ることができますのでご希望の方はこちらより資料請求どうぞ。



セコムの資料請求はこちらから

 信頼のセコム・ホームセキュリティ資料請求へ


ホームセキュリティはこの2社を抑えれば大丈夫?!


セコムについての明細ページへ

信頼のセコム・ホームセキュリティの資料請求はこちらから



アルソックの明細ページへ

アルソックの資料請求ページへ