TOP防犯対策2Fへの侵入経路を削る

2Fへの侵入経路を削る

泥棒が2Fへ侵入するときは、大抵の泥棒の場合、家の周りにある物を利用して侵入してきます。

庭や家の周りに物や脚立などが置いてある場合は倉庫などを用意して鍵をかけて保管するようにしましょう。


倉庫がないときは脚立などを自転車のチェーンで家の柱などに固定すれば使用できなくなります。100円ショップなどで売っているチェーンでいいので手軽にできる対策です。


しかし脚立以外の物を使用して侵入されたというケースもあるので家の周りには何も物が置かれていない状況が防犯対策では効果的です。


ほうきを使って2Fに侵入した泥棒もいるくらいですから、物という物は置かないにこしたことはありません。


家の周りを確認するときは、自分が泥棒になった気持で家の周りを1周してみてください。

これを利用すれば2Fへ上がれると感じる事が出来るかもしれません。


「上がれるかも」と思ったところは泥棒は確実に侵入が可能です。

その場合は物を片づけたり、チェーンで縛るなりして使えなくしましょう。

特に家の周りが見通しの悪い状態の場合は特に2階へ侵入できないかの確認を徹底してください。


見通しが悪いという事は泥棒が時間がかかったとしても見つかる可能性が低いと判断されてしまいターゲットになってしまうことが多いです。


ですので見通しが悪く、塀などから2Fに上がれる場所がある場合は塀を壊すことは出来ないのでセンサーライトなどの防犯対策を行うと良いでしょう。


センサーライトにプラスして窓の補助鍵での対策を同時に行うとより入られにくい対策につながります。


2階からの侵入は少ないという間違った思い込みから鍵をかけていないケースや対策をとっていない家庭が多くあるので、泥棒もその思い込みの心理を利用して侵入することが多いので2階の防犯対策も1階同様にしっかりと行ってください。



           

防犯対策の一覧

只今は17つの防犯対策を公開中です↓

空き巣の手口を徹底紹介!!

 センサーライトの設置は効果的?!

 鍵を変えて玄関からの被害を防ぐ

 サムターンまわしを防いで玄関からの侵入を防ぐ

 2Fへの侵入経路を削る

 補助鍵で窓からの侵入経路を防ぐ

 ドアの防犯対策をしっかりと

 防犯ガラスシートを効率よく使用する

 防犯砂利は効果的!?

 シャッターは防犯対策に繋がるの?

 オートロックって防犯対策になるの?

 一人暮らしの防犯対策

 防犯住宅を考えよう!!

 新築の防犯住宅について

 戸建てでの防犯住宅について

 防犯の基本は「5分」

 防犯用品の紹介

 手軽に出来る防犯対策 一戸建て編

 手軽に出来る防犯対策 マンション編

 防犯対策の意識調査について


ホームセキュリティはこの2社を抑えれば大丈夫?!


セコムについての明細ページへ

信頼のセコム・ホームセキュリティの資料請求はこちらから



アルソックの明細ページへ

アルソックの資料請求ページへ