TOP防犯用語集ガラスやぶり

「ガラスやぶり」について知る

ガラスやぶり【ガラスヤブリ】

ガラスやぶりとは、ガラスを割って侵入する方法の事を言います。


侵入被害の大半はガラス破りでの侵入です。またガラスやぶりには様々な方法があります。


基本的なガラス場振りの方法は三角割り、打ち破り、焼き破りです。


三角割り

ガラスカッターやドライバーなどを使用して引違の窓のかぎの部分に指が入る程度の大きさの穴をあけて、その穴から手を入れて直接鍵を開けて侵入する方法です。

ポイントとしては、道具が小さく音も出ないという点です。

対策としては、通常の鍵のほかにも窓の上下に補助鍵を付けるなどの対策が有効です。


焼き破り

詳しくは焼き破りのページをご覧ください。


打ち破り

この方法は堅い道具を使用してそのままガラスに叩き付けるようにしてガラスを割る方法です。

そのため、ガラスを割るときの音なども大きく、大胆な犯行といえると思います。

この打ち破りで侵入してくる泥棒は、住民が気付かないうちに盗みを終わらしてしまおうと考えていることが多く特に危険な犯罪方法です。

ガラスを割るときの道具としては、バールやハンマー、大き目なドライバーなどを使用して行われます。

特に現在では、打ち破りなどの音も気にしないでドライバーやペンチなどを使って叩いてわる大胆なガラスやぶりが増えています。

これは外国人の泥棒が増えてきている影響もあるようです。


このガラスやぶりを防ぐためには、防犯フィルムや防犯ガラス、防犯センサーなどの方法がありますが最も手軽にできる手段としては、補助鍵を窓の上下につけ3段の鍵構成にすることが効果があるとされています。



  


防犯用語検索一覧

 あ行

  居空き…いあき
  居直り強盗…いなおりごうとう


 か行

  カードキー…かーどきー
  ガードプレート…がーどぷれーと
  ガラスやぶり…がらすやぶり
  強化ガラス…きょうかがらす


 さ行

  指紋キー…しもんきー


 た行

  ドアスコープ…どあすこーぷ


 は行

  ピッキング…ぴっきんぐ
  フロートガラス…ふろーとがらす
  ペアガラス…ぺあがらす
  防犯ガラス…ぼうはんがらす


 ま行

  マーキング…まーきんぐ
  面格子…めんごうし


 や行

  焼きやぶり …やきやぶり


現在は18項目の用語集を紹介しておりますが、今後も用語集の追加をしていきますのでお楽しみに。

ホームセキュリティはこの2社を抑えれば大丈夫?!


セコムについての明細ページへ

信頼のセコム・ホームセキュリティの資料請求はこちらから



アルソックの明細ページへ

アルソックの資料請求ページへ